離婚後の親権を父親が取れる割合について

離婚後の親権問題の現状

離婚を巡り、子供の親権をどちら側の親が取得するか?について、夫婦が揉めるケースは増えているといわれています。日本の裁判の判例においては、母親側が親権を取得するほうが子供の将来にとって有利なことが多いという理由で、女親に親権が渡るケースが圧倒的に多くありました。

しかし、一方でこうしたことは性差別につながるのではないかといった指摘も様々方面から起こるようになってきました。そこで、近年は男親が親権をとれるようにするためにアドバイスを行ってくれる弁護士もいます。

父親が親権を取れる条件とは?

現状として父親が親権を取れる割合というのは、かなり低いとされていますが、男親にとって親権を取得するうえで有利になる状況といったものも実際にあります。

たとえば母親に精神的な問題がある場合や、重度のアルコールやギャンブルの依存症になっている場合、母親が病気で生計を立てることが困難であるという場合などです。他には、育児放棄や子供を虐待してきた事実がある場合などが知られています。

こうした場合には男親にも十分なチャンスがあり、弁護士などに相談した上で、必要とされる根拠や証拠などをそろえることができれば、親権を取る為に裁判で戦う価値は大いにあるといえます。

離婚で父親が親権獲得の為に!弁護士に依頼するべき理由

なぜ、親権獲得の為に弁護士に依頼したほうが良いのか?
  • 現状では、子供が小さい場合自然と母親が有利になってしまうから
  • 親権の取得問題は、協議離婚や調停では合意は困難だから
  • 親権や離婚問題の経験豊富な弁護士を味方につける事が近道だから

様々な事情から、婚姻の継続が難しく離婚件数が増加している状況にあります。その理由として、夫婦の価値観が多様化してきたことや、離婚をしても生計を立てることのできるようになった女性が増加していることなどが挙げられます。離婚後の条件として問題となりがちなこととして、夫婦の間に子どもがいた場合に子供の親権をどちらの親にするのかといったことがあります。これまで、日本のおいては母親側の方に親権が認められているケースが非常に多いといわれてきましたが、近年は父親側が親権を獲得するケースもあります。

しかし、父親が親権を獲得する判例は多くはなく、母親側が獲得する場合に比べると断然不利な状況ではあります。そこで、離婚で親権問題が発生した場合において、弁護士に依頼して間に入ってもらおうと考える男性が少なくありません。そのなかでも、弁護士に男親が相談する場合には、親権の獲得のために様々な対策が必要になることから、十分な弁護士費用を用意しておく必要があるといわれています。また、父親側が親権を取得することのメリットについて、裁判などになった時にしっかりと説明する材料を用意することが重要です。